椛島 大樹

ヴァイオリン

神奈川県鎌倉市生まれ。
4才より桐朋学園大学音楽学部付属『子供のための音楽教室』に入室。5才よりヴァイオリンを始める。
桐朋学園大学音楽学部卒業。
これまでにヴァイオリンを前澤均、大久保貞二、徳永二男の各氏に、室内楽を藤井一興、銅銀久弥、藤原浜雄、木越洋の各氏に師事。
第59回東京国際芸術協会 新人演奏会オーディションに合格、同時に優秀新人賞も受賞。新人演奏会に出演。
第9回セシリア国際音楽コンクール第2位。第16回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門AGE-U
アブニール賞受賞。
大学在学中より国内の様々なプロオーケストラに客演。
これまでに小森谷巧、柳瀬省太、古川展生の各氏などと共演。日本国内の著名な音楽家だけではなく、ウィーン室内管弦楽団コンサートマスターのルートヴィヒ・ミュラー氏と同じくウィーン室内管ソロ・チェリストのマイケル・ウィリアムズ氏や、世界的な鍵盤打楽器奏者で作曲家のエマニュエル・セジョルネ氏と神谷百子氏とも共演、セジョルネ氏作曲のマリンバとヴィブラフォンのための二重協奏曲日本初演の際にはゲストコンサートマスターを務めたりと国外の世界的な音楽家との共演も多い。
レパートリーは古典から近現代まで幅広く、とりわけシェーンベルクの演奏は音楽学者の野本由紀夫氏からも絶賛された。最近ではラジオにも出演したりとその活動の幅を広げている。

© WE LOVE MUSIC Inc.
PAGE TOP