日本を代表する交響楽団・現役コンサートマスターによるスペシャルレッスンを受講頂けるプログラムを新設致しました。
またとないチャンスです。是非この機会に第一線で活躍する演奏家の技術をお確かめ下さい。

※スペシャルレッスンについて詳しくはお問い合わせ下さい。

現役コンサートマスター レッスン講師

長原 幸太(読売日本交響楽団コンサートマスター)

1981年、広島県呉市生まれ。東京芸術大学附属音楽高等学校を卒業後、同大学に進学。ジュリアード音楽院にも留学。1992年、93年、連続して全日本学生音楽コンクール全国第1位。1994年、第6回ヴィニエアフスキー国際コンクール17歳以下の部第3位。1998年、第67回日本音楽コンクール最年少優勝。レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞を受賞。これまでに村上直子、小栗まち絵、故・工藤千博、澤和樹、ロバート・マンの各氏に師事。

12歳で東京交響楽団と共演したのを皮切りに、日本各地の主要オーケストラ、小澤征爾、岩城宏之、秋山和慶、ゲルハルト・ボッセ等の名指揮者と共演。ソリスト以外にも、室内楽奏者、各オーケストラのゲストコンサートマスターとして活躍し、アルゲリッチ国際音楽祭、宮崎国際音楽祭等、各地の音楽祭にも積極的に出演。演奏を通じてのボランティア活動にも力を入れている。

海外での活動も活発に行っており、2003年と2005年に、英国の湖水地方で開催されている「夏の音楽祭」に、2005年には英国の「ライディール音楽祭」に招かれ、いずれも高い評価を得た。

2004年9月、大阪フィルハーモニー交響楽団首席客演コンサートマスターに就任、2006年4月から2012年3月まで首席コンサートマスターを務めた。2014年10月、読売日本交響楽団のコンサートマスターに就任する。

佐久間 聡一(広島交響楽団・第一コンサートマスター)

1982年山形県出身。

幼少よりヴァイオリンを始め、桐朋学園子供のための音楽教室仙台分室を経て山形東高等学校から桐朋学園大学へ進む。10代から演奏活動を始め、ソロ・室内楽はもとより、日本青少年オーケストラ、桐朋学園オーケストラにて早くからコンサートマスターとして活躍する。

桐朋学園在学中より新日本フィルハーモニー交響楽団の契約団員を務め、その後、大阪フィルハーモニー交響楽団の首席奏者となる。2012年3月、大阪フィル退団後ドイツへ渡り、ハノーファーにてUlf Schneider教授の下で研鑽を積むほか、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンに客演。帰国後、オーケストラへの客演をはじめ全国各地での公演や録音を行うかたわら、《幼少期からの音楽体験プロジェクト》など、乳幼児が音楽に触れやすい機会の創出にも力を注ぐ。

2014年4月、広島交響楽団・第一コンサートマスターに就任。その他、昴21弦楽四重奏団、エレメンツ・ストリング・カルテット、アウラス・トリオでの活動を中心に、年間数多くの室内楽コンサートに出演するほか、「東京・春・音楽祭」など国内の主要な音楽祭にも招かれている。また、CD録音も数多く2016年には通算7枚目となるアルバム、『 die Liebe 6 Schumann und Brahms Nr.3 』(KONTA Inc.)の発売が予定されている。

これまでに中新田バッハホール音楽コンクール小学生の部第1位、第23回霧島国際音楽祭特別奨励賞(サントリー賞)ならびに優秀演奏賞受賞。


お問い合わせ

totop

Copyright © プロ御用達のバイオリン専門店 -WE LOVE MUSIC- All Right Reserved.